6つのキーポイント

ハイローラーを使用する前に、6つのキーポイントを学んでみましょう。

これらを知ることで、ハイローラーを正しい方法で使用し、よりより良い結果を出すことに役立つはずです。

1.ゆっくりとした動き
ハイローラーはとても早く回転するので、常にゆっくりとした動きで行うことが大切です。
もし今、従来のフォームローラーを使用しているのであれば、新しいローリングの手法を学ぶときです!
最初は何度か試行錯誤するかもしれませんが、すぐに習得できますのでご安心ください。

2.垂直の圧
圧は常にハイローラーの上から垂直方向にかけるようにします。
水平方向からの圧がかかると、ハイローラーが転倒してしまうことがあります。
危険でないとしても、エクササイズを中断させてしまいます。
また、垂直に圧をかけることでより効果的にローリングすることができます。

3.リラックス
できるかぎりリラックスした状態をキープしてください。
リラックスした身体は、よりローリングの効果を受けやすくなるので、
ローリングする筋肉や部位はリラックスした状態を保ちましょう。
心地よいローリングポジションを見つけてみてください。

4.呼吸
常に穏やかな呼吸を忘れないようにしましょう。それにより、身体がよりリラックスします。
筋肉の緊張やトリガーポイントをほぐす時には少し痛みを伴うので、
息を止めてしまう場合があります。これを避けて、呼吸することを意識してください。
もし意識しにくい場合は、心臓に向かってローリングする際には息を吐き、
逆方向で息を吸うようにしましょう。

5.血液循環を促す
ローリングによって血液循環を促し、回復を早めることが目的です。
そのため、心臓に向かう方向のローリングで圧を加えるのです。
これにより血液が流され、代謝が活性化されます。
心臓から離れる方向のローリングでは、圧を弱めて
最初のポジションに戻るようにしましょう。
逆に行ってしまったり、どちらの方向も同じ強さで行うと、
手足の浮腫みの原因となる場合があります。
例外:
身体の中心部分をローリングするので、背中の場合はこのルールは当てはまりません。
常に同じ圧で行っていただいてかまいません。

6.痛みは避ける
凝っている部位やトリガーポイントがローリング中に痛む場合がありますが、
強すぎる圧を加えないように注意してください。
強すぎる痛みを感じると筋肉が緊張し、呼吸が止まり、顔が歪んでしまいますが、これでは圧が強すぎます。
強すぎる圧は炎症の原因になったり、逆に回復を妨げてしまう可能性があります。
また、痛みを感じて筋肉が緊張すると、外部からの刺激を受けにくくなってしまいます。
そのため、リラックスできるくらいの圧にとどめることがとても大切です。